アンタルヤ県にある「リュキア連盟」遺跡をご紹介!~その1~

アンタルヤ県には、数多くの遺跡と博物館があります。その多くはリュキア連盟国の小都市として繁栄した町で、紀元前7世紀頃から歴史に名を残す町ばかり。どの遺跡も保存状態がよく、一瞬で古代都市にタイムスリップできます。ターコイズコーストのリゾートとあわせて遺跡巡りもできるのが、ここアンタルヤの最大の魅力です。とても1回ではお伝えしきれないので、まずは第一回目。アンタルヤ周辺の遺跡を4ヶ所ご紹介します。

 

航空券をみるホテルをみる現地発着ツアーをみる日本発着ツアーをみる

 

使徒パウロも長く滞在した古代都市 Perge(ペルゲ)

ペルゲの遺跡は、アンタルヤ市内の路面電車(AntRay)とタクシーで気軽に行ける遺跡です。聖パウロがアンタルヤで布教活動をした際、ここペルゲに長期滞在したことで知られています。

ペルゲの歴史


ペルゲは、アンタルヤから車で18kmほど東に進んだ場所にある、紀元前5000年頃に造られた町、パンフィリア国の最も重要な遺跡です。ペルゲは、ヒッタイトの粘土板では「Parha(パルハ)」として登場。聖パウロがペルゲに長期滞在したとされるのは、1~2世紀頃のことで、その頃のペルゲは最盛期を迎えていました。現在残っている保存状態の良い建物は、ほとんどがこの頃のものなのだそう。8世紀の終盤、アラブ人の侵攻によってこの町は破壊され、ペルゲの歴史が再興されることはありませんでした。
丘の上には、アルテミス神殿があったとされていますが、未だ発見されていないようです。

ペルゲ遺跡のハイライト

競技場

ペルゲ遺跡で比較的保存状態が良いのが、劇場と競技場。劇場は、1世紀頃に建てられたもので、15,000人ほど収容が可能でした。美しいレリーフの数々は、一部アンタルヤ博物館が所蔵・展示しています。

劇場

アーチが美しいこの劇場には、剣闘士のためのアリーナ。アリーナには、いくつかの店が並んでいたようです。他にも、ローマ帝国時代の門、列柱通り、浴場、ネクロポリス等、見どころはたくさん。

列柱通り

ペルゲ遺跡は、列柱がずらり並ぶ二つの大通りがとても美しいことで知られています。アンタルヤ博物館には、ペルゲ遺跡で発掘された彫像や石棺等が展示されているので、機会があればぜひ訪ねてくださいね。

 

基本情報
名称住所アクセス営業時間TEL定休日公式HP入場料
Perge örenyeri(ペルゲ遺跡)
Barbaros, Perge Yolu, 07112 Aksu/Antalya, トルコ
AntRayのAksu駅下車、タクシーへ乗り換えまたは徒歩
夏季(4/1~10/31):8:00~19:00
冬期(11/1~3/31):8:30~17:30
※入場はいずれも30分前まで
02424262748
42TL

ペルゲ遺跡の地図を見る

世界一保存状態の良いローマ劇場 Aspendos(アスペンドス)

アンタルヤから40km東、海沿いにあるローマ遺跡は、世界で最も保存状態の良いローマ帝国時代の劇場や水道橋があることで知られています。アスペンドスで開催される夏の一大イベント「国際オペラ・バレエ・フェスティバル」は、世界的に有名なイベントです。

アスペンドスの歴史


アスペンドスは、ペルゲと同じく、パンフィリア国の重要な都市のひとつでした。紀元前5世紀頃、アスペンドス硬貨を鋳造し、世界中に流通させた都市でもあります。経済の中心地として、塩やオリーブオイル、羊毛、馬の貿易も盛んだったようです。ペルシャ人、アレクサンダー大王、ペルガモン王国、ローマ帝国と支配者が変わり、ローマ帝国時代に最盛期を迎えて、住民の数は2万人ほどの大都市に。ローマ帝国からセルジューク朝と支配者が変わるにつれて徐々に衰退していき、オスマントルコが支配した頃から、町は完全に消滅したのです。

アスペンドス遺跡のハイライト

アスペンドス劇場

なんといっても見逃せないのが、劇場。オスマントルコ帝国時代に修復された劇場は、世界で最も保存状態が良いとされています。同様に、水道橋もまた世界の水道橋の中でもっとも保存状態が良いとされています。水源は、町の北にある二つの山々。

アスペンドス水道橋

他にも、スタジアム、アゴラ、大聖堂、門など見どころが多いアスペンドスは、訪れる価値がある遺跡のうちの一つです。

 

国際アスペンドス・オペラ・バレエ・フェスティバル

※2019年は9/1~18日までの開催でした。世界中で人気のイベントなので、チケットとホテルはお早めにご予約を。詳細は、文化観光省公式HP:TurkeyHomeのEVENT情報に掲載されますので、要チェックですよ。

 

基本情報
名称住所アクセス営業時間TEL定休日公式HP入場料
Aspendos Antik Kenti(アスペンドス遺跡)
Sarıabalı, 07500 Serik/Antalya, トルコ
AntRamのAksu駅下車後徒歩またはタクシー
夏季(4/1~10/31):8:00~19:00
冬期(11/1~3/31):8:30~17:30
※入場はいずれも30分前まで
02427357337
42TL

アスペンドス遺跡の地図を見る

二つの列柱通りが美しい Side(シデ)

シデの町は、海沿いの小さな半島にあります。小さな町ですが、港と、港から出ている大通りにお店が集中していて町中歩きやすい町です。町に溶け込むシデ遺跡は、驚くほど保存状態がよく、時間があればぜひ立ち寄りたい遺跡です。

シデ遺跡の歴史

シデの町

シデの町は、紀元前7世紀頃に造られました。シデという名前の由来はザクロからきているそう。シデは、奴隷とオリーブオイルの交易で栄えた町。シデにある神殿は、女神アテナにささげたもので、発掘されたシデ硬貨には、アテナが刻まれています。

シデのターコイズブルーの海

この地域の歴史は、アンタルヤの他都市と同様、ペルシャ、アレキサンダー大王、ペルガモン、ローマ帝国といった支配者の変遷。奴隷売買が盛んだったのは、紀元前1世紀頃。海賊の海軍基地となっていた頃のことです。奴隷の他にも、オリーブオイルも大いに売買され、最盛期には人口6万人の大都市でした。その後、アラブ人が襲撃。この町に火を放ち、シデの歴史は終わりを迎えます。残された数少ない住民らは、アンタルヤに移住した為、シデの町は「旧アンタルヤ」とよばれていたようです。

シデ遺跡のハイライト

アポロン神殿

シデ遺跡の保存状態はとても良いため、見どころは山ほどあります。特に、修復を終えたばかりの女神ティケの神殿と、列柱が美しい二つの大通りは必見。道の両脇には、家々と店舗が並んでいました。モニュメント、劇場、アゴラの他、3つの神殿は、アポロ・アテナ・メン(月の神)のためにつくられた神殿も見逃せません。

ティケ神殿

シデ遺跡には、博物館が併設されています。シデ遺跡で発掘されたものを所蔵・展示していて、小さな博物館ですが見応え十分。

シデの劇場

現代の→シデの町は、とても雰囲気があるリゾート地です。遺跡観光の帰りには、Liman Caddesi(リマン通り)でのお買い物、港近くのおしゃれなレストランでの食事、カフェやスイーツ店でゆったりしましょう。

 

基本情報
名称住所アクセス営業時間TEL定休日公式HP入場料
Side Antik Kenti(シデ遺跡)
Selimiye Mahallesi, Çağla Sk., 07330 Manavgat/Antalya, トルコ
アンタルヤ→Manavgat(マナウガト)→シデとミニバスの乗り継ぎが必要
夏季(4/1~10/31):8:00~19:30
冬期(11/1~3/31):8:30~17:30
※入場はいずれも30分前まで
02427531542
36TL(劇場)/18TL(博物館)/アテナ神殿(無料)

シデ遺跡の地図を見る

標高1000メートルにある古代遺跡 Termessos(テルメッソス)

テルメッソス遺跡は、国立公園内にあって、世界遺産にも申請されている遺跡の一つです。あのアレキサンダー大王が落とせなかった2都市のうちの1つ、テルメッソスとは?

テルメッソスの歴史

創始者の家

Güllük Dağı Milli Parkı(ギュルルュック山国立公園)内、標高1000メートル地点にこの遺跡はあります。松林に囲まれたこの地は、希少な動植物の宝庫。この緑豊かな山間で遺跡が発見されたのは、わりと最近のことです。19世紀末にポーランド人研究家によって発見されています。

神殿

テルメッソスは、ホメロス著イーリアスに登場します。地元の部族によって建設された町で、歴史上に本格的に登場するのは、アレキサンダー大王が落とせなかった2都市のうちの1都市であったというところから。峡谷と山の斜面に囲まれたテルメッソスは難攻不落だったのです。その後、ローマ帝国の属国とはならず、独立した国であったとされています。テルメッソスの衰退は戦いによるものではなく、古代に起きた大地震が原因でとされており、5世紀頃には完全に消え去ってしまいました。

テルメッス遺跡のハイライト

入口の門

地震の影響で、ほとんど崩れてしまっていますが、いくつかは保存状態が良いものもあります。24kmほど山道を登り、駐車場を降りてから遺跡までの急な坂道を登って行くと、イオニア神殿、城壁、列柱通り、劇場や神殿などが出迎えます。中でも、劇場は崩れているものの、やや保存状態が良い建物の一つ。アンタルヤ湾を臨むパノラマビューを楽しめます。

劇場

今もなお調査は続けられていて、最近では石のかけら等から、一部の建物内部は、モザイクで美しく彩られた壁であったということもわかっています。

 

基本情報
名称住所アクセス営業時間TEL定休日公式HP入場料
Termessos Antik Kenti(テルメッソス遺跡)
Bayatbademleri, 07800 Döşemealtı/Antalya, トルコ
テルメッソスへは車が必要です。山道を登り切った後、駐車場がありますので、車をとめてすぐに遺跡が見えます。
夏季(4/1~10/31):8:30~19:00
冬期(11/1~3/31):8:30~17:30
※入場はいずれも30分前まで
02424237416
7TL

テルメッソス遺跡の地図を見る

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

 

Bookmark0

他の人はこんな記事も見ています

  1. この記事へのコメントはありません。