イスタンブールからプチリゾート旅☆プリンスィズ諸島のBüyük Ada(ブユック島)

夏にトルコを旅するなら、そして、イスタンブールに少し多めに滞在ができるなら、ぜひともブユック島へ。エミノニュ等のホテル近くの桟橋から船に乗ってたったの一時間半で行ける、リゾート・アイランドです。イスタンブールっ子に混じって、水着とカメラをバックに入れて、週末限定のリゾート気分を味わう旅へ出てみませんか?

 

航空券をみる ホテルをみる 現地発着ツアーをみる 日本発着ツアーをみる

 

プリンスィズ諸島とは?

トルコ語で、Adalar(アダラル)といわれる島々は、有人島であるブユック島・ヘイベリ島・クナル島・ブルガズ島・セデフ島と、無人島であるヤッスィ島・スィヴリ島・タヴシャン島、私有地のカシュク島の9つの島で構成され、それらはプリンスィズ諸島とよばれます。島があるのは、ココ↓↓

イスタンブールに所属する島が、なぜ「プリンセスたちの島」と呼ばれ始めたのか。その理由は、ビザンチン帝国時代までさかのぼります。皇子等の皇族を住まわせる為…いわば、追放する目的で、この島が利用されていたことによります。それはオスマン帝国時代まで続きました。

プリンスィズ諸島の中心となっているのは、Büyük Ada(ブユック島)。日本語で言うなら、「大島」と言ったところ。観光するなら、このブユック島のみでも大満足なはず。多くの著名人や上流階級の人々にとっての夏の避暑地であるため、Köşk(キョシュク)と呼ばれる別荘を横目に、ギリシャ人、アルメニア人、ユダヤ人、トルコ人が共存して残した教会やジャーミィなどの、歴史的な建物を見て、マルマラ海のリゾートを楽しむことができるのが、魅力です。イスタンブールから船に乗って1時間半で来られるので、週末の旅先として人気なんです。

 

島の移動は自転車かエコカー・エコバスで

歩いてまわるには距離があるブユック島。まずは桟橋近くのレンタサイクルショップで、自転車(bisiklet)をレンタルするのが定番です。一日借りて50TLほどですが、こちらも価格変動があります。レンタサイクルショップはたくさんありますので、島でご確認を。

ブユック島といえば、この馬車。しかしながら、馬に病が流行したことや、過酷な環境下で働かされていることを懸念する声が多かったことから、イスタンブールは馬車の使用を禁止に。馬車に代わって登場したのが、電気自動車たち。

画像:IBBホームページ

イスタンブール市交通局が一括して提供し始めた新しい、島の移動手段です。

 

エリア別☆ブユック島の見どころ

ブユック島桟橋周辺

ブユック島に到着してすぐの桟橋周辺には、海を眺めながら一息つけるカフェやレストランが並んでいます。桟橋周辺には、MADO等のカフェ・レストランが海沿いにずらり並んでいますので、まずは一息入れるのも◎。一息ついたら、レンタサイクルショップへ。自転車を調達したら、ニザム地区へ向かうか、または、アヤヨルギ教会方面へと向かうのがおすすめです。

Screenshot of www.splendidhotel.net

 

ブユック島で一番有名なホテル、Büyükada Splendid Palace Hotel(ブユック島・スプレンディド・パレス・ホテル)と、アタテュルクが病気療養のために何度も訪れた会員制のホテル、Anadolu Kulubu(アナドル・クラブ)は、桟橋近くのエリアにあります。アナドル・クラブの真下海側には、なんと、アタテュルクの為だけに造られた専用エレベーターもあって、今は外観のみが見学可能です。

 

アヤヨルギ教会とその周辺

Aya Yorgi Kilisesi(アヤヨルギ教会)は、1751年に建てられた、ギリシャ正教会です。市内中心部からここまでは、自転車で約30分の道のり。ちょっとキツイ坂道を登ったりするけれど、ここがブユック島で一番おすすめのスポットです。アヤヨルギ・テペシとよばれる小高い丘の頂上から見渡す景色は最高です。教会を一通り見学したら、お目当てのカフェ・レストランへ直行しましょう。

アヤヨルギ教会のすぐ隣にあるレストラン、Yücetepe Kır Gazinosu(ヨジェテペ・クル・ガズィノス)です。ここでブランチまたはランチをとりながら眺めるマルマラ海が最高。この島の名物は、やっぱりシーフード。お魚料理は絶対にオーダーしたいところです。焼いたもの(ızgara)、スープ(Çorba)など、バリエーションがあるので、堪能あれ。

ヨジェテペ・クル・ガズィノス
Screenshot of www.yucetepe.com.tr

 

ニザム地区の別荘(Köşk)とギリシャ孤児院

ブユック島には、多くの著名人や上流階級の人々が別荘を構えていてて、桟橋付近から、ニザム地区へ向かって自転車で走ると、緑多い道路沿いに、たくさんの別荘が立ち並んでいるのがわかります。ウクライナ人の思想家、レフ・トロツキーの別荘はその一つです。

また、ギリシャ人が多く住んでいた島である為、以前使われていたBüyükada Rum Yetimhanesi(ギリシャ正教会の孤児院)が残されています。こちらは今にも崩れそうな雰囲気ではありますが、その特徴的な建物のデザインを楽しむことはできそうです。

 

ハリク湾とエスキバーウ・レストラン周辺

ブユック島にきたら、やっぱりビーチ。一番のおすすめは断然Halik Koyu Plajı(ハリク湾ビーチ)です。ブユック島で一番長いビーチなのだそう。ホテルが運営するビーチが目の前にあって、きっちり管理されているので、外国人でも安心して泳げそうです。

水着になるかどうかは別として、せっかくブユック島に来たのだから、パラソルの下でゆっくりとヴァカンスを楽しみたい場合にもぴったりな場所。それにこのビーチなら、西のマルマラ海に沈む夕日をながめて大切な時間を過ごすことができます。

Screenshot of eskibag-teras-balik-restoran-alkol.business.site

そして極めつけはディナー。このビーチの上にあるレストラン・Eskibağ Teras Restaurant(エスキバーウ・テラス・レストラン)のテラス席でディナーをいただくのは、最上のプランです。家族で、カップルで、お酒とおいしいシーフードで、ロマンチックな夜が過ごせそうです。良い席は、必ずご予約を。

 

秘境?ヴィランバーウ・ビーチ周辺

Screenshot of viranbagplaji.eskibag.com

ブユック島には、いくつものビーチがあります。子どもと一緒に遊べるビーチや、気軽に入れるビーチが多いのですが、行くなら、静かで落ち着いていてそれでいて綺麗な場所がいい…。それがここ、Viranbağ plajı(ヴィランバーウ・ビーチ)です。陸から行くのは結構大変そうなので、ブユック島桟橋近くから船で海側から行くのがよさそう。ブユック島の各ビーチへは、無料(ücretsiz)の送迎船が出ています。詳細は↑の画像をクリックしてHPをチェックしてね。

 

アクセス

複数の船会社が、エミノニュ等の各桟橋と島を結んでいます。イスタンブール市交通局の船を利用する場合、ヨーロッパサイド・新市街のBesiktaş(ベジクタシュ)、アジア側kadıköy(カドゥキョイ)から利用します。一日に4便出ていて、所要時間は1時間30分。運賃は10TL、イスタンブールカードが利用可能です。運賃・運用は頻繁に変更されるので、イスタンブール市交通局HPで必ず確認を。

 

 

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0
報告する

他の人はこんな記事も見ています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。