コンヤから行く世界遺産!Çatalhöyük(チャタル・ホユック)遺跡

チャタルホユック遺跡は、アナトリア大地の真ん中にある古都コンヤから、南東へおよそ40kmほど車で行った場所にあります。2012年にユネスコ世界遺産リストに登録されましたが、いまいち地味な印象…。世界中の有名大学が協力する発掘作業は、今も続いています。

 

航空券をみるホテルをみる現地発着ツアーをみる日本発着ツアーをみる

 

チャタルホユック遺跡とは?


古都コンヤから40kmほど離れた場所にあるチャタルホユック遺跡は、紀元前8000~9000年ごろのものとされ、世界中から注目を集めました。歴史年表において、旧石器時代と新石器時代をわけるのは、定住と農業ですが、それを特定するのにとても貴重な遺跡とされたのです。

広大な範囲に、3つの塚と18もの層が見つかっていて、長い年月、この地が繁栄した集落であったことを物語っています。当時、8000人ほどの人々が住んでいたそう。この人口は、当時としては大都市であり、同時代、メソポタミア以外に、このような大きな都市があったということも大きな発見の一つでした。

アナトリア最古の遺跡とされてきましたが、今はその称号をギョベクリテペ遺跡に譲り渡しています。それでも、この遺跡は旧石器時代~新石器時代を解明するのにとても大切な遺跡であることに変わりありません。

 

神殿と地母神像

アナトリア文明博物館

アンカラにあるアナトリア文明博物館で、チャタルホユック遺跡にある神殿の復元を見ることができます。この時代の神殿とは、このような感じだったのですね。さらに、チャタルホユック遺跡の出土品の中で特に注目を集めたのが、地母神像です。

アナトリア文明博物館

この地母神像は、当時の信仰が女神信仰であったことを物語っています。ここまでふくよかなのは、豊かさと幸せの象徴としてふさわしいからだそう。チャタルホユックまで足を運ぶチャンスが無い場合は、アンカラのアナトリア文明博物館で当時の暮らしに思いを馳せるのも良いかもしれませんね。

 

アクセス

コンヤ郊外

世界遺産になったのですが、観光地化されていないからなのか、交通の整備がされていないようです。チャタルホユックに個人旅行で行くのは少し難しい状況。コンヤからチュムラ村というところまで行き、そこからドルムシュに乗り換えてさらに15分ほど進む必要があります。

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0

他の人はこんな記事も見ています

  1. この記事へのコメントはありません。