イスタンブールの乗り物あれこれ

首都アンカラをしのぐ大都市イスタンブールでは、あらゆる乗り物があって、旅行にショッピングに大活躍。そのほとんどは、イスタンブール交通局(IETT)が握っています。その他、海上(IDO)、国鉄(TCDD)などがあり、市営であればイスタンブールカード(Istanbul Kart)が利用できます。

 

航空券をみる ホテルをみる 現地発着ツアーをみる 日本発着ツアーをみる

 

【T1】Tramvay(トラムヴァイ)

観光に欠かせない足、トラムヴァイは、イスタンブールの路面電車です。旧市街はもちろん、新市街の海沿いのエリアまで足をのばせる大活躍のトラムヴァイは、誰もが一度は乗るはず。運行開始は割と近年の1992年。一日35万人を運んでいます。

 

【T2】Nostaljik Tram(ノスタルジック・トラム)


トルコのトラムは、1871年7月31日に最初の路線が開通し、馬に引かれるものだったそう。1910年代に路面電車となり、戦争などで活躍の場を失いましたが、1990年代に復活。歩行者天国でもあるイスティクラール通りに修復されたノスタルジック・トラムとして、一日2500人の乗客を運んでいます。

 

【F2】Tünel(テュネル)

2014年で139年を迎えたテュネル

テュネルは、1869年に開通した地下ケーブルカー。イスタンブールで最も古い歴史がある乗り物です。商人の町ガラタと、大使館などがあったベイオールを結ぶ路は、今でも、歩いてみればかなりの上り坂。一区間だけでも開通後は人々の助けになったようです。

 

【F1】Füniküler(フュニキュレル)

世界一短い地下鉄、フュニキュレルは、テュネルの次にできた乗り物。イスティクラール通りの北にあるタクシム広場と、海側のカバタシュを結んでいる地下鉄F1路線です。たった一駅だけですが、これもれっきとした地下鉄です。トラムヴァイのカバタシュ駅と、地下鉄M2路線のタクシム駅を繋いでいます。

 

【M1-M6】Metro(地下鉄)

ハリチ駅

イスタンブールの地下鉄は、全部で6路線あって、少し郊外のジャーミィや博物館に足を延ばす際にとっても便利。郊外にいかなくても、M2路線のHaliç(ハリチ)駅で途中下車するのがおすすめです。金角湾の真ん中にある駅で、夕方から夜にかけて、ここから素晴らしい景色を眺めることができます。

 

Otobüs(バス)

外国のバス=複雑な路線で乗りこなせない~!というルールは、イスタンブールもやっぱり同じ。バスに乗るなら、タクシーやドルムシュに乗ることをオススメしたいところです。イスタンブールのバスは大きくわけて、メトロバスと、市営/民営バスの2つにわかれます。

Metrobüs(メトロバス)

アジア→ヨーロッパへ通勤する人の混み合いは、昔も今もひどいもの。少しでも解消させようとできたバスが、このメトロバスです。道路のど真ん中にメトロバス専用レーンが設けられ、1~2分間隔で走っています。観光地を通らない路線なので、あまり利用することがないかもしれません。それでも乗る場合、朝晩のラッシュ時にはお荷物にお気をつけくださいね。

Belediye otobüs/Özel halık otobüs(市営バス/民営バス)

イスタンブールのバスは、市営バスと民営バスがあります。ただ運営会社が違うだけで、路線などは似通っています。チャムルジャの丘など、イスタンブール市内でも一部バスでなければ行けない場所がありますが、バスは複雑なので、タクシー利用がおすすめです。

 

【TCDD】Marmaray(マルマライ)

マルマライは、アジアとヨーロッパを繋ぐ鉄道です。それまでは、車でぐるっとまわるか、海上バスで渡るのが通常でした。マルマライが完成し、通勤にも観光にも、ぐっとアジア側が身近になったのです。建設には、日本の大成建設もプロジェクトに加わっていて、車両とオペレーションはTCDD(トルコ国鉄)によって行われているようです。

 

【TCDD】YHT(高速鉄道)

イスタンブールからアンカラまで5時間ほどで結ぶ高速鉄道YHT。トルコ政府が力を入れてきたトルコ版新幹線です。ビジネスプラス・ビジネス・エコノミープラス・エコノミーと4つのクラスにわかれていて、エコノミー以外は食事付き。食堂車も連結しています。

YHTはイスタンブールのアジア側・カドゥキョイのSöğütlüçeşme istasyonu(ショーユトリュチェシュメ駅)から出ています。覚えにくい駅ですが、マルマライと接続しています。イスタンブール空港からYHTへ乗り継ぐ場合、ガイレッテペ駅でメトロバスに乗り継ぐ必要があります。わかりづらい場合は、イェニカプでマルマライに乗り継ぐのが簡単です。

 

IDO

イスタンブール市内の桟橋間と、イスタンブール⇔ヤロワ、ブルサといった近郊の町をつなぐ船を運行しているIDO。イスタンブール市が運営する海上バスです。ブルサ、ヤロワ行きの船には、送迎付きのファーストクラス、快適個室のビジネスクラスキャビンがありますが、基本は海上バス。気軽に利用することができます。

 

【参考】

イスタンブール路線図(IETT)
Screenshot of www.iett.istanbul
IETTホームページ
Screenshot of www.iett.istanbul
Marmarayホームページ
Screenshot of www.marmaray.gov.tr
YHTホームページ
Screenshot of www.tcddtasimacilik.gov.tr
IDOホームページ
Screenshot of www.ido.com.tr

 

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0
報告する

他の人はこんな記事も見ています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。