カッパドキアの玄関口Kayseri(カイセリ)でやるべき7つのこと

カイセリ県カイセリ市は、アナトリア半島のど真ん中、おへその位置にあります。カイセリ空港は、イスタンブール等他都市からの発着数が多く、カッパドキアの玄関口としても知られているので、利用されたことがある方も多いはず。でも、空港からすぐカッパドキアに行っちゃもったいない!知っておきたいカイセリ7つのことを特選★

 

航空券をみる ホテルをみる 現地発着ツアーをみる 日本発着ツアーをみる

 

1. 共和国広場(Cumhuriyet Meydanı)周辺

カイセリの中心はこの広場。トルコで二番目の広さを誇る広場で、見るべきもののいくつかは、ここにあります。数時間あれば、この周辺で観光からグルメ、ショッピングまで、充実の時間を過ごせますよ。カメラのご準備をお忘れなく!

 

カイセリ城(Kayseri Kulesi)

カイセリ城とはいえ、今残されているのは城壁のみ。ちょっと残念ですね。ローマ帝国時代に建てられたとされます。夜はライトアップされて、街の中心を担うに相応しい迫力です。

 

時計塔とアタテュルク像(Kayseri Saat Kuresi ve Atatürk Heykeli )

1904年、皇帝アブドゥルハミト二世の命令により建てられた時計塔は、高さ10メートル。「全都市に時計塔を建てよ」という勅令だったそうです。時計塔に寄り添うように建てられた小さな建物は、ムワッキターネとよばれます。

ムワッキターネは、イスラム教徒のお祈りの時間を正確に測るための施設です。後に、トルコ建国の父アタテュルクが、ここで人々の嘆願を聞いた場所なのだそう。黄金のアタテュルク像があるのは、こういった理由からのようです。

 

ウル・ジャーミィと噴水(Ulu camii ve Çeşmesi)

1134~1143年ごろ、カイセリを首都としたセルジュク朝の皇帝、メリク・メフメト・ガズィによって建てられたとされています。石造りのジャーミィは、オスマン建築にはない素朴でエキゾチックな感じが◎。セルジュク朝時代の建築様式をぜひご覧ください。

 

Hunat Hatun Medrese(フナト・ハトゥン神学校)

カイセリ城跡のすぐ隣には、石造りの複合施設が並んでいます。1237年、当時の皇帝の妻マペリ・フナト・ハトゥンによって建てられました。近年まで、考古学博物館等として利用されていましたが、修復を経てバザールとして利用されています。

共和国広場周辺は、町で一番の中心地だけあって、レストランもショッピングも歴史的建造物もそろっています。特に、カフェはけっこう充実。後でご紹介するカイセリ地区のオープンカフェも最高ですが、この辺りのカフェやレストランで時間を過ごすのもオススメです。

■共和国広場はココ

 

 2. セルジュク文明博物館(Selçuklu Müzesi)

広場のすぐ北側には、2014年オープンの博物館があります。セルジュク朝時代の病院と神学校だった施設(Çifte Medrese)でしたが、エルジエス大学の医学史博物館を経て、セルジュク文明博物館として生まれ変わりました。建物のみならず、セルジュク朝時代を中心とした、貴重なコレクションの数々を見学できます。

 

セルジュク文明博物館
Screenshot of www.selcuklumuzesi.com

 

セルジュク文明博物館の地図を見る

 

3. カイセリ地区(Kayseri mahallesi)

この辺りは元々、廃墟となった古い家々が残されている地区でした。しかし今、新しい観光スポットとして、注目を集めています。石造りの家々を改装して、カフェなどとして再生。動画でご紹介できないのが残念ですが、とっても雰囲気があって、カフェやショップが、エキゾチックでおすすめです。

カイセリ地区の地図を見る

 

4. 【郊外】ミマール・シナンの生家(Mimar Sinan’ın Doğduğu Ev)

オスマン建築に無くてはならない、天才大建築士・シナンの故郷は、ここカイセリ。篠原千絵さんのマンガにも「カイセリのシナン」と名乗るシーンが登場しますね。とはいえ、カイセリの中心部から車で30分ほど外れた、静かなアーウルス村にあります。22歳まで住んでいたとされる生家は、修復されていますが、ひっそりしていて、彼の偉大な功績とは、少し不釣り合いに感じます。

ミマール・シナンの生家の地図を見る

 

 5. カイセリが生んだ「食」

カイセリ・マントゥ(Kayseri Mantı)

トルコの国民食であるマントゥですが、カイセリのマントゥは少し特別なんです。唐辛子とスマックというハーブを使うのがポイント。ピリッとして香り高いマントゥは、一つ一つが小さく、スプーンに何個か乗せて食べ、歯ごたえと香りを楽しめます。ミントとヨーグルト&トマトペーストのソースがまた絶品です。

 

パシュトゥルマ(Paştırma)

パシュトゥルマは、牛肉の塩漬けで、カイセリ産のものが最高級とされています。カルス産の牛は、すべてカイセリで加工されます。塩漬け・干して・熟成。およそ一カ月ほどの時間をかけて作られるパシュトゥルマは、手間暇がかかる仕事です。

赤ければ赤いほど、熟成されて美味とされますが、それも好み次第。広場近くにお店が数件並んでいます。薄くスライスされたものをそのまま食べたり、ピデの具材としても大活躍。パシュトゥルマと卵の組み合わせは朝ごはんの王道メニューの一つなんです。日本への肉類は持ち込み禁止ですので、レストランやホテルの朝食でお試しくださいね。

 

6. 新旧2つのショッピング街

バザール(Kaplı çarşısı)

カイセリ名産パストゥルマも

屋根付きのバザールは、ここカイセリにもあって、共和国広場にあるジャーミィのすぐ隣に陣取ります。イスタンブールに次ぐ広いバザールでは、地元カイセリやカッパドキア名産が手に入ります。

 

フォーラム・カイセリ(Forum Kayseri)

Screenshot of www.forumkayseri.com

 

トルコを代表するショッピングモールであるフォーラム。カイセリは町の中心にあるので、旅行者でも利用しやすいモールです。外資系スーパーMIGROS、銀行、薬局、D&R(音楽と本)、キッチン用品からブランド物まで、買えないものはなさそう。お土産調達におすすめですよ。

 

6. エルジエス山とスキー場

エルジエス山は、カッパドキアの奇岩群を創り出した火山の一つであり、トルコ有数のスキー場です。ホテルも充実。小さな村のようになっています。

 

まだまだある、カイセリの魅力

画像:Wikipedia

メヴラーナの師であるサイード・ブルハネッディンの墓、カイセリ高校やキュンベット等のセルジュク朝時代からオスマン帝国時代の遺産が多く残されています。カイセリ市内を走る路面電車、Kayseray(カイセライ)をうまく活用してくださいね。

 

アクセス

全国各地から、飛行機、電車、バスでカイセリ入りができます。カッパドキアの玄関口とはいえ、ユルギュップやギョレメからはかなり離れているので、寝台列車の利用などで夜遅くなる場合は、事前に送迎を予約するのがおすすめです。

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0

他の人はこんな記事も見ています