メソポタミア&シリア文化を旅しよう!Mardin(マルディン)観光スポット15選

マルディンは、小高い山の斜面をエキゾチックな石造りの建物がぎっしり埋め尽くす町で、ユネスコ世界遺産リスト登録にも推奨されています。町から外へと目を向ければ、眼下には美しい石造りのドームやミナレット越しに、どこまでも続くメソポタミアの大地が広がっています。しかし残念ながら、マルディンはシリア国境近くにあって、近づくこともできません。ということで、憧れのマルディンを、せめて写真で旅してみましょう。

マルディンは、シリア国境付近にあり、レベル2:不要不急の渡航は自粛してください。が出されています。渡航・観光は困難です。

 

航空券をみる ホテルをみる 現地発着ツアーをみる 日本発着ツアーをみる

 

1. Mardin Kalesi(マルディン城)

マルディンの町は、石造りの建物が斜面に立ち並んでいるのですが、その頂点がマルディン城です。1600年ほど前にシュメール人によって建築されたとされています。別名“鷹の巣”と言われているそう。マルディン城のすぐ下には、ナイップ・ハマムやズィンジリイェ神学校などの歴史的な建物があります。
※2020年4月現在、マルディン城は閉鎖されています。

マルディン城の地図を見る

 

2. Mardin Ulu Camii(ウル・ジャーミィ)

ウル・ジャーミィは、グランド・モスクの意味があり、その町で一番大きく、歴史もあって、町のシンボル・ジャーミィであることが多いものです。マルディンもまた、例外ではありません。今見ることができるジャーミィは、2010年頃に復元されたもの。元々は、12世紀頃に建てられた教会であったとされています。黄味がかった石で造られたミナレットとドームが特徴的です。

ウル・ジャーミィの地図を見る

 

3. Mardin evleri(マルディンの伝統的家屋)

マルディンで使われている石材は、近くの鉱山から切り出された黄色い石灰岩で、木材を一切使用されず建てられています。入口をはじめ、さまざまな場所にモチーフが刻まれているのも大きな特徴の一つ。酷暑の夏と極寒の冬、どちらにも、対応できるよう工夫された設計なのだそう。中でも、フィルデヴス・キオスク(Firdevs Köşkü)からの見晴らしは必見です。

マルディンの伝統的家屋の地図を見る

 

4. Geluske Hanı Surur Hanı(スルル・キャラバンサライ)

キャラバンサライは、トルコ各地に複数残されています。マルディン市内を横切るメインストリートに面するSurur Hanı(スルル・キャラバンサライ)は、残念ながらその一部を残すのみ。マルディン郊外のミディヤットにあるGeluske Hanı(ゲルスケ・キャラバンサライ)は行くのが少し大変ですが、こちらの方が“こぎれい”のようです。どちらもレストランが入っているので、ディナーもランチも◎。スルル・キャラバンサライは、“VAKIF OTELLERİ”の看板が目印ですよ。

スルル・キャラバンサライの地図を見る

ゲルスケ・キャラバンサライの地図を見る

 

2つの神学校

5. Kasımiye Medresesi(カースミーイェ神学校)


マルディンには、ディヤルバクルを首都とし11~15世紀頃に繁栄したアルトゥルク朝の建物が多く残されています。そのアルトゥルク朝のカスム皇帝のために建てられた神学校は、15世紀頃完成したもの。イスラム教教育はもちろん、医学に関する教育にも力を入れていた学校です。3つのドームの形に注目です。

カースミーイェ神学校の地図を見る

 

6. Zinciriye Medresesi(ズィンジリイェ神学校)

この神学校は、イサ・ベイ神学校という別名を持っていて、アルトゥルク朝最後の皇帝であるMelik Necmettin İsa bin Muzaffer Davud bin El Melik Salih(メリク・ネジメッティン・イサ・ビン・ムザッフェル・ダヴド・ビン・エル・メリク・サリヒ)によって建てられたものです。見晴らしがよいようですが、マルディン城を撮影するなら、この神学校から見上げるアングルが良いのだそうですよ。

ズィンジリイェ神学校の地図を見る

 

2つのシリア正教会

7. Mor Behnam(Kırklar)Kilisesi(40人教会)


マルディン市内中心部にある40人教会は、6世紀頃に建築されたもので、モル・ベフナムとその妹によって建てられたとされています。40人教会の名前の由来は、ローマ皇帝によるキリスト教弾圧があった3世紀頃にシワスで殉教した40人のギリシャ人を讃えるために名付けられています。1799年以降、ここも学校として利用され、1928年までは開校していたそう。

40人教会の地図を見る

 

8. Meryemana Kilisesi ve Patrikhanesi(聖母マリア教会と総主教座)

1895年に建てられたシリア正教の総主教座は、文化観光省に移管された後は、博物館として利用されています。隣接するシリア正教会、聖母マリア教会が建てられたのは割と近年の1986年。シリアってどうしてもイスラム教のイメージが強いのですが、6世紀頃からシリア・メソポタミアエリアで信仰されていたのは、キリスト教・シリア正教会だったんですね。マルディンにも、シリア正教会が残した教会や修道院が多く残っています。

聖母マリア教会と総主教座の地図を見る

 

2つの博物館

9. Mardin Müzesi(マルディン博物館)

1995年以降に博物館としてオープンする前は、警察署や宗教室や保健所等として利用されていたようです。元は1895年に建てられたシリア正教総主教庁でした。ペルシャ、ローマ、ビザンチンからオスマントルコまで、幅広い歴史上の貴重なタブレットやコイン、ブレスレッド等のコレクションを所蔵しています。

マルディン博物館の地図を見る

 

10. Sabancı Mardin Kent Müzesi(サバンジュ・マルディン市博物館)

建設年は不明なものの、博物館になる前は、兵隊の宿舎として利用されていた建物です。2009年にサバンジュ財団によって博物館に生まれ変わりました。現代美術が展示されています。

サバンジュ・マルディン市博物館の地図を見る

 

郊外へ足を伸ばそう!

11. 【郊外】Deyrulzafaran Manastırı(デイルルザファラン修道院)

マルディンから5km離れた場所にある、シリア人によって建てられた太陽の神殿です。建物の一部にサフランが使用されているのだとか。シリア人のための施設の中で最も古い建物で、今でも宗教的な集まり等で現役で利用されています。

デイルルザファラン修道院の地図を見る

 

12. 【郊外】Mardın Dara Antik Kenti(Dara Mezopotamya Harabeleri)(マルディン・ダラ遺跡)

マルディン市内から30km郊外に、貴重な遺跡があります。別名、メソポタミアのエフェス遺跡と称されるほど、メソポタミアの重要な古代都市であったダラは、505年に建設された都市で、国境を警備する上で重要な軍事戦略都市でした。都市は、4kmの城壁に囲まれ、宮殿、市場などの他、ローマ時代の洞窟住居も。まだ発掘途中のダラ遺跡は、そのほとんどが地下に埋まったままです。

マルディン・ダラ遺跡の地図を見る

 

13. 【郊外】Mor Gabriel(Deyrulumur) Manastırı(聖ガブリエル修道院)

マルディン市内から23kmほど離れたギュンギョレン村にある修道院は、シュメルとモル・シェムン、2人によって、397年頃に建てられたもの。世界最古の修道院で、シリア正教会にとっても重要な修道院の一つです。マルディン市内から少し離れたところにありますが、マルディンを訪れるのなら、わざわざでも訪れるべき修道院です。

モル・ガブリエル修道院の地図を見る

 

14. Hasankeyf(ハサンケイフ)

ハサンケイフは、12,000年の歴史がある町で、歴史的な橋脚や墓などがある長閑な小さな町です。そんな町はそこかしこにあるものの、この町が取り上げられる理由は、2019年以降、ダムに沈む町として、賛否両論で活発な報道をされてから。詳しくはナショナルジオグラフィックの動画を。

ハサンケイフの地図を見る

 

15. Midyat(ミディヤット)

マルディンから、聖ガブリエル教会に向かう途中にあるのが、ミディヤットの町です。昔、アッシリア人が多く住んでいたこの地は、キリスト教徒の町でした。ミディヤットの旧市街には、伝統的家屋を利用した博物館Konuk Evi(コヌック・エヴィ)、キリスト教会などの遺跡が残されていて、上でご紹介したキャラバンサライも、ここミディヤットにあります。

ミディヤットの地図を見る

 

アクセス

マルディンに行くなら、航空機一択です。イスタンブールから、ターキッシュエアラインズ、ペガスス航空、アナドルジェットが飛んでいます。マルディン空港は小さな空港なので、スケジュールを組む際には、空港待ち時間があまりないように計画を。

 

マルディンの景観へ会いに行こう!

山の頂上にあるマルディン城、その斜面を利用した石造りの家々である、Mardin Kültürel Peyzaj Alanı(マルディン文化的景観地区)は、ユネスコ世界遺産リストに推薦されていて、いつの日かリスト登録されるはず。ジャーミィに興味がある方なら、Zeynel Abidin Camii ve Mor Yakup Killisesi(ゼイネル・アビディン・ジャーミィとモル・ヤクプ教会)もおすすめです。

屋根の上にはこうしたカフェがあって、ここから見るミナレットと石造りのドーム、そしてアッパー・メソポタミアの平原はマルディンに来てよかった、と思わせてくれることでしょう。

【参照】マルディン観光局公式ページ
Screenshot of www.mardinegidiyorum.com

 

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0
報告する

他の人はこんな記事も見ています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。