ピジョンバレー・鳩の谷(Güvercinlik Vadisi)ってどんなとこ?

ピジョンバレー(鳩の谷)は、カッパドキアで一番オトナな町・ウチヒサル地区から、世界遺産の町・ギョレメ地区にかけて広がる谷です。とにかく、とっても静かなこの谷は、鳩と人間が「持ちつ持たれつ」仲良く暮らしてきた場所で、美しい奇岩が堪能できることでも知られています。ピジョンバレーとは?

 

航空券をみる ホテルをみる 現地発着ツアーをみる 日本発着ツアーをみる

 

ピジョンバレーこんなところ

ウチヒサルの記事でもご紹介した「ピジョンバレー」は、ギョレメまで4kmにわたって広がる奇岩美しい谷です。トルコ語でも「Güvercinlik Vadisi(ギュヴェルジンリッキ・ヴァディシ)」という名前で、そのまま「鳩の谷」という意味です。

このような人工的な穴が掘られていて、ここが鳩の家になっています。 この地域の人々は、9世紀頃まで、鳩をここで飼育していたのだそうです。鳩の糞は、カッパドキア名産の葡萄の飼料として使用され、卵の殻はフレスコ画の材料として使用されていました。 今も日中は、ものすごい数の鳩が支配する…住んでいる谷となっています。

ツアーでも立ち寄る場所には、売店と、「ナザル・ボンジューのなる木」があります。この木は、ここピジョンバレーの名物になっています。写真を見たことがある方、多いのではないでしょうか。

とにかくどこまでも続く奇岩と空と鳩と静けさしかないところです。初めてここに来た時、かなりホームシックになったのを覚えています(笑)。ふらっと立ち寄って写真を撮るには絶好の場所。ピジョンバレーは、ウチヒサル城からも谷を見下ろすことができます。

 

ピジョンバレー・ウォーキングツアー

私自身、歩いたことは全くないのでわかりませんが、谷を歩くことができるようです。最も一般的なのは、ウチヒサルのナザル・ボンジューの木がある場所からギョレメまでの、全長4kmのトレッキングです。ウチヒサルは、ギョレメよりやや高い場所にあるので、ウチヒサル→ギョレメルートは、下りルートになり、1時間~2時間ほどの行程です。途中、落差15mの滝があるそう。水を多めに持参することが大切なのだそうです。

 

アクセス

カッパドキア地域内は、ユルギュップを起点にミニバスが随時走っています。ウチヒサルを目指してくださいね。ウチヒサル中心部からすぐの場所です。また、他地域から直接ウチヒサルにバスで入る場合は、ウチヒサルの高速道路で降ろされる可能性があります。その場合は、1時間ほどかけて徒歩で歩く必要がありますので、「ウチヒサルまでセルヴィスありますか?」と確認してから、バスを予約しましょう。

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0

他の人はこんな記事も見ています

  1. この記事へのコメントはありません。