• トルコを知る
  • さまざまな文明文化交わるトルコをまとめてみました。

トルコ旅行どこに行く?地域ごとに訪れるべき魅力をご紹介!

今回は、トルコ旅行で訪れるべきスポットを、地域ごとにまとめてみました。旅の計画の参考になれば幸いです。

トルコの大地

西はブルガリアとギリシャ、東はジョージアとアルメニア、南東はシリアとイラクに国境を接する、“東西文明の十字路”です。実際、政治でも、昔からヨーロッパと中東・アジアを結んでいる国というイメージですよね。文化も食事も、世界の全てがぎゅっと凝縮された国です。豊かな大地からはオーガニックや減農薬の野菜や畜農産物が山ほどとれて、自給率は100%。海に三方を海に囲まれていて、北は黒海、南はエーゲ海、西は地中海と接しています。世界遺産などの観光スポットだけではなく、ヨーロッパ・ロシア・中東から、たくさんのヴァカンス客が訪れる、リゾート大国としての一面もあるのです。

 

イスタンブール

ボスポラス海峡越しのガラタ地区

トルコ最大の大都市イスタンブール。「世界で唯一、アジアとヨーロッパにまたがる街」です。ここには、東ローマ帝国や、オスマン帝国の“古”と、最先端の流行発信地としての“新”、その両方が存在しています。街は、ボスポラス海峡を挟んで、アジア側と、ヨーロッパ側にわかれています。

テオドシウスの城壁

ヨーロッパ側には、オスマントルコ帝国時代に築かれたトプカプ宮殿や、2つのバザール、数多くのジャーミィがある旧市街があります。イスタンブールの城壁内は、主に旧市街地として、ユネスコ世界遺産に登録されています。

新市街には、トルコ一の繁華街イスティクラル通りと、軍事博物館やドルマバフチェ宮殿などの観光スポットの他、オルタキョイなどの若者が集まる最先端のおしゃれなスポットが点在。アジアサイドには、地元の人が通うようなショップと、ミフリマー・スルタン・ジャーミィ等の歴史的エリアがあります。ヨーロッパでも中東でもアジアでもある、この独特な雰囲気を、生涯に一度は体験してみる価値があります。

イスタンブール特集へ

 

イスタンブール近郊の町

エディルネのセリミエ・ジャーミィ

イスタンブールの西、ブルガリアとの国境近くには、オスマントルコ帝国第二の首都であった、エディルネがあります。天才建築家シナンが自ら「最高傑作」としたジャーミィと、グルグル模様が美しいジャーミィが見逃せません。イスタンブールよりもさらにギリシャやブルガリアに近いこの町は、イスタンブールから日帰り旅が定番です。

ブルサの町並み

イスタンブールの東、マルマラ海を挟んだ対岸のアジア大陸には、「オスマントルコ帝国が勃興した町」「杜の都」という2つの称号をいただくブルサがあります。ブルサファンのトルコ人が多いのですが、それには理由があります。緑と自然と歴史が上手に共存しているからでしょう。そのブルサの近くには、イズニックタイルで名をはせた町、イズニックがあります。

イズニックの町並み

大きな町が点在しながらも、海・山・湖といった大自然とも共存しているのがこの地域の特徴であり、見どころはたくさんあります。こちらも日帰りまたは1泊2日の旅がおすすめです。

イスタンブール近郊の記事を見る

 

カッパドキアと中央アナトリア

カッパドキア

ギョレメの早朝はバルーンツアー

火山と、長年の雨風の浸食がもたらした造形美、カッパドキアの大自然は、スターウォーズの世界とも、地球外の風景ともいわれます。

ギョレメ野外博物館

キリスト教の修道士たちが残した、30以上もある岩窟教会と、内部に描かれたビザンチン絵画は、世界遺産ギョレメ野外博物館で楽しめます。

ギョレメ越しのウチヒサール!夜景

深く、広く、どこまでもつながっている謎の地下都市、ギョレメ洞窟ホテルへの宿泊、熱気球からの朝焼けなどなど、トルコ最大の観光スポットには、見どころもアクティビティも満載です。

カッパドキア特集へ

 

中央アナトリア

メヴラーナ博物館

中央アナトリアの乾燥した気候の町コンヤは、イスラム神秘主義教団メヴレヴィーの町。ルーム・セルジューク朝の首都でもあり、おいしいピデのある町でもあります。

ハットゥシャ遺跡

謎の多い古代の大帝国ヒッタイト。その首都であるハットゥシャシュは、黒海と中央アナトリアをわける山側にひっそりとあります。『天は赤い河のほとり』の舞台となっていたあのハットゥシャで、『王家の紋章』のイズミル王子がいたあのハットゥシャです。マンガを読んでからくると、あぁ、きっとあの風景はこの辺りで…というのもわかって、おすすめですよ。

アタテュルク廟

そのヒッタイトの貴重な発掘物がおさめられる、アナトリア文明博物館や、トルコ建国の父アタテュルクの眠るアタテュルク廟がある、首都アンカラも必見です。最近は、歴史的なトルコ建築の家並みも復元されてショップとして利用されるなど、見所がますます増えているアンカラはおすすめです。中央アナトリアには、歴女ならずとも、古からの歴史をなぞる、深い旅に浸れる町が点在しています。

中央アナトリアの記事を見る

 

エーゲ海遺跡とリゾート

エーゲ海遺跡

チャナッカレにある「トロイの木馬」模型

聖書にも登場する、七つの教会があったエーゲ海地方。ローマ帝国・ギリシャ文化の色濃いエーゲ海沿岸には、数多くの古代文明の遺跡が残されています。それらの多くはユネスコ世界遺産。トロイ、エフェス、アフロディシアス、パムッカレです。

パムッカレ

こういった有名な遺跡以外にも、街中・郊外問わずあらゆる場所で、ギリシャ神殿風の建築物や、古代遺跡がごろごろ転がっています。オリーブオイルを使った料理がおいしいことでも知られています。

エーゲ海遺跡の記事を見る

 

エーゲ海リゾート


エキゾチックと南欧が入り混じった、独特のリゾート地がここ「トルコのエーゲ海リゾート」の特徴です。イズミル県からムーラ県、アンタルヤ県にかけての海は、「ターコイズコースト」と呼ばれます。

石畳の道、漆喰の白壁、ブーゲンビリアの花、明るい音楽と人、ターコイズブルーの海と白い砂浜、おしゃれなブティックホテル・プチホテルがあなたを待っています。

エーゲ海リゾートの記事を見る

 

地中海リゾート

カプタシュビーチ/アンタルヤ

ここ地中海沿岸にも、深いブルーと透き通ったターコイズブルーの海があります。エーゲ海と異なる大きな特徴としては、大型ホテルが多いこと。

アンタルヤの旧市街

特に地中海リゾートで一番大きな町アンタルヤには、オールインクルーディブの高級リゾートホテルが立ち並びます。

地中海リゾートの記事を見る

 

黒海地方

アマスラ

セブンレイク国立公園/ボル

ロシアの対岸にあたる黒海地方は、海と山脈に挟まれていて、春夏秋冬があり、湿潤で常緑樹が茂る、穏やかで、緑豊かな地域です。春夏秋冬の四季があるため、日本ととてもよく似ています。まだ手つかずの自然が残されている黒海地方の中には、アマスラ、トラブゾン、サムスンなどの海沿いの町と、世界遺産サフランボル、トレッキングで人気のボル、ジョージアとの国境付近にあるリゼなどがあります。

黒海地方の名物料理として、ハムシとよばれるいわしの料理、ピデ、豊富な果物やナッツ類、茶葉や農産物の他、チーズなどの畜産物も名産品です。そして、どの町にも、トルコの伝統的な家屋や街並みが残っています。

黒海地方の記事を見る

 

南東アナトリア

ネムルット山

シリア・イラクと国境を接する南東アナトリア地方。最大の目玉はなんといってもネムルット山と、ギョベクリ・テペです。地震によって崩れ落ちた巨頭が、ゴロゴロ転がる山頂から眺めるツアーが人気の、世界遺産ネムルット・ダーは、朝日と夕日が昇る時間帯に訪れると、生涯忘れられないメソポタミアの大地が広がります。

シャンルウルファ考古学博物館

旧石器時代でありながら、農業定住の遺跡となった、世界中が大注目するシャンルウルファのギョベクリ・テペ。また、ガズィアンテップはグルメな街として有名で、ケバブやバクラヴァの本場です。

※南東アナトリアの国境沿いの町と、ディヤルバクルには、レベル3~4の治安情報が出ています。これらの町への渡航はどうぞお控えください。

南東アナトリアの記事を見る

 

東アナトリア

アニの遺跡

アルメニア・ジョージア等のコーカサス地方と国境を接する東アナトリア地域。まだ開発の手が伸びていない遺跡や自然が残されています。

アララト山

ノアの方舟が漂着したアララト山、左右瞳の色が異なるワン猫、アルメニア教会群のあるカルス。チーズやはちみつ等のトルコ特産物。まだまだ、東アナトリアを訪れる日本人は少なめですが、東南アナトリアよりも安全に旅ができるので、穴場な地域です。

東アナトリアの記事を見る

 

さぁ、次の旅はどこへ?

リゼのプラトー

トルコは、まさに東と西の文明の交わる国です。トルコの旅を検索するとき、ヨーロッパ?アジア?中東?ウェブサイトによって地域区分がわかれているのが、良い例です。どれにも属さず、どれにも属する、不思議な国。だからこそ、一度旅すると何ヵ国も旅した気分が味わえるのかもしれません。古代文明の痕跡を辿るも良し、イスラム文化を知るも良し、イケメン探しをするも良し、世界三大料理を胃が限界を迎えるまで堪能するも良し、です。

エフェス遺跡

さぁ、トルコの旅へ出かけましょう!

 

 

トルコ旅行や、トルコ周辺各国の旅に必要なHPをまとめています。
とっても楽しいけれど、とっても煩雑な旅の準備はここから始まる♪便利なリンク集です☆

■日本発着☆トルコ旅行パッケージツアーを探す

安心の大手旅行会社を検索

JTB近畿日本ツーリスト日本旅行阪急交通社

旅工房H.I.S.クラブツーリズム

Yahaoo!トラベルANAトラベラーズJALパックトラベルコ

憧れの船旅を検索

ミキ・ツーリストロイヤル・カリビアン

■個人手配☆AIR+ホテル+レンタカー+現地発着ツアーを探す

格安航空券を検索
Skyticket(海外)etourSkyscannerエアトリ

ホテルを検索

ExpediaHotels.comagodatrivago

じゃらん(海外)アップルワールドホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー楽天トラベルH.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRAタビナカKKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

■海外からUp!SNSのお供に!Wi-Fiルーター&ケータイ

Global Wi-FiイモトのWi-Fi

docomoauSoftBank

レンタルのモベル

■旅の準備もお土産もネットで☆

スーツケースからお土産までなんでも揃う☆

Yahoo!amazon楽天市場

HIS旅市場三洋堂JTBショッピング

頼れる強い味方☆

TripAdvisortravelocoたびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカードJALウォレットカード

成田空港駐車場の予約☆

SUNパーキングUSAパーキングABCパーキング成田空港公式駐車場

■渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報

外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港セントレア空港関西空港新千歳空港仙台空港福岡空港

Bookmark0

他の人はこんな記事も見ています

  1. この記事へのコメントはありません。